不用品回収・粗大ごみ回収ならお任せください!

ワインセラーの処分方法6選|料金・廃棄場所を徹底解説

ワインセラーの処分方法6選|料金・廃棄場所を徹底解説

ワインセラーは家電リサイクル法製品のため粗大ゴミとして捨てられない

ワインセラーは家電リサイクル法製品のため粗大ゴミとして捨てられない

ワインセラーを処分したいけれど、どのような処分方法があるのか分からずに困っている方も多いでしょう。

まず初めに、ワインセラーを処分する場合、注意が必要な点があります。

他の不用品と同じように、粗大ゴミで処分すれば良いと思われている方もいるかも知れません。

しかし、ワインセラーは家電リサイクル法製品のため、粗大ゴミとして捨てることができません。

そのため、ワインセラーの処分方法に困ってしまうケースは良くあります。

家電リサイクル法とは
一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

ワインセラーは冷蔵庫の同じ品目という扱いになってしまうため、家電リサイクル法の対象となり、粗大ゴミで処分することができません。

ワインセラーの処分方法6選

ワインセラーの処分方法6選

では、ワインセラーを処分する場合、どのような処分方法があるのでしょうか。

ワインセラーは高価な家電製品のため、状態が良ければお得に処分できる可能性もあります。

ここでは、おすすめのワインセラーの処分方法を6つ紹介します。

不要となったワインセラーを処分したい方はぜひ参考にしてみてください。

処分方法①家電量販店の引き取りサービスを使う

1つ目の処分方法は「家電量販店の引き取りサービスを使う」です。

ワインセラーは冷蔵庫と同じ扱いの品目であり、家電の一部のため、家電量販店で引き取りサービスが行われています。

処分するワインセラーの状態が良い場合、家電量販店が買い取ってくれるケースもあります。

特に、ワインセラーを買い替える場合は、新しいワインセラーを購入する家電量販店の引き取りサービスを使うのが一番おすすめです。引き取りサービスでは、配送料、運搬料金、リサイクル料金などが掛かりますが、ワインセラーを買い替える場合はそれらの費用が掛からずに引き取ってくれることもあります。

ヤマダ電機のワインセラー引き取りサービス

ヤマダ電機で新たにワインセラーを購入した場合、自宅への配送時に古いワインセラーを引き取ってもらう事ができます。

引き取りサービスは店頭で購入した場合、ヤマダウェブコムでインターネット注文した場合のどちらでも対応してくれます。

申し込み方法は、店頭で購入した場合は新しいワインセラーを購入した際に店員に引き取りサービス希望と伝えるだけで良いです。

インターネット注文の場合はワインセラー購入時に「リサイクル申し込み」を指定してください。

但し、引き取りサービスは無料では実施しておらず、リサイクル料金が発生しますので注意してください。

処分するワインセラーのメーカーやサイズによって引き取りサービスの料金は異なりますが、5,000円~8,000円程度が目安となります。

配送当日に作業員が訪問した際に料金を現金で支払います。

ヨドバシカメラのワインセラー引き取りサービス

ヤマダ電機で新たにワインセラーを購入した場合、処分したい古いワインセラーを引き取ってもらう事ができます。

引き取りサービスは店頭で購入した場合でも、ヨドバシカメラの通販サイトでインターネット注文した場合でも対応してくれます。

STEP.1
申し込み、日時の調整
引き取りサービス申し込み後、新しいワインセラーと同時に回収する日時を決める
STEP.2
配送、回収
指定の日時に新しいワインセラーを配送・設置してもらい、古いワインセラーを回収してもらう
STEP.3
料金の支払い
古いワインセラーの回収時に配送に来た作業員に料金を現金で支払う

処分するワインセラーのメーカーやサイズによって回収料金は異なりますが、5,000円~8,000円程度が目安となります。

ビッグカメラのワインセラー引き取りサービス

有名な家電量販店であるビックカメラで、新しいワインセラーを購入する方も多いと思います。

ワインセラーの買い替えを検討している場合、ビックカメラで新しいワインセラーを購入すれば、古いワインセラーを引き取ってもらうことができます。

なお、引き取りサービスを利用できるのは、ビックカメラで新しい商品を購入した人だけですので、古いワインセラーの引き取りだけを依頼することはできませんのでご注意ください。

新しいワインセラーを購入時に、古いワインセラーの改修を依頼すれば、古いワインセラーの運び出し等もビックカメラの担当者が全て対応してくれますので、とても便利です。

買い替えを検討している方は、購入時に古い商品の引き取りをビックカメラのスタッフに依頼してみましょう。

ケーズデンキのワインセラー引き取りサービス

お住いの地域にある家電量販店がケーズデンキの場合、新しいワインセラーをケーズデンキで購入する方も多いでしょう。

ケーズデンキでワインセラーを買い替える場合は、購入時に店員へ古いワインセラーを回収してほしいと伝えれば、引き取りサービスが利用可能です。

あとは、回収日と時間を決めて、当日に配送スタッフに引き取ってもらい、回収後にその場で料金を支払います。但し、料金は現金払いのみとなりますのでご注意ください。

ワインセラーを買い替える方は、家電量販店の引き取りサービス利用がおすすめですので、必ず新しいワインセラーを購入する際に、古いワインセラーの回収を依頼することを忘れないようにしましょう。

処分方法②不用品回収業者に依頼する

2つ目の処分方法は「不用品回収業者に依頼する」です。

不用品回収業者では、ワインセラー等の家電について1つからでも回収を受け付けています。

処分したいワインセラーの状態が良ければ、買取サービスで買い取ってもらえる可能性もあります。

ワインセラーの他にも処分したい不用品がある場合は、まとめて回収してもらうことができるため、ワインセラー以外にも処分したい不用品がある場合は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

また、不用品回収業者に依頼すると、最短で即日に回収してもらえるため、急いでワインセラーを処分したい方は不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。他の処分方法では1~2週間程度は掛かってしまうことが多いため、時間が取れない方やできるだけ早く処分したいかたにはとても便利です。

なお、不用品回収業者の料金は業者によって異なるため、事前に見積もり料金を出してもらってから回収を依頼するようにしましょう。

時間に余裕がある場合は、複数の業者に見積もりを依頼して比較してみるのも良いでしょう。

こんな方には不用品回収業者がおすすめ
  • すぐに処分したい方
  • 手間なく、簡単に処分したい方
  • 複数の不用品をまとめて処分したい方

処分方法③自治体が指定する処分場へ直接持ち込む

3つ目の処分方法は「自治体が指定する処分場へ直接持ち込む」です。

処分場へ自分で持ち込むことで、ワインセラーを安く処分できる可能性があります。

但し、お住いの自治体によってはワインセラーのサイズ等によっては処分を受け付けていない場合もありますので、必ず事前に自治体の情報を確認するようにしましょう。

また、自治体によっては事前に予約しないと持ち込めない場合もありますので、ご注意ください。

処分場へ持ち込んだ場合、処分場内で指定の場所まで自分でワインセラーを運ぶ必要があります。

処分する料金は持ち込んだ際に支払いますが、事前にコンビニ等で粗大ゴミ処理券を購入するケースや現金のみで受け付けているケース等がありますので、お住いの自治体での支払い方法も確認しておきましょう。

ワインセラーを持ち込んだり、運搬したりする手間が掛かりますが、少しでも安く処分したい方には、自治体が指定する処分場へ直接持ち込む方法がおすすめです。

処分方法④状態が良い場合はフリマアプリに出品

4つ目の処分方法は「状態が良い場合はフリマアプリに出品」です。

フリマアプリを上手に利用すれば、不要となったワインセラーを高く売却できる可能性もあります。

処分したいワインセラーの写真を撮影して、フリマアプリに出品します。

写真撮影する際は、できるだけ明るい場所で撮影するのがポイントです。

また、目に見える汚れなどがあると購入してもらえない可能性がありますので、できるだけ汚れ等は拭き取ってから撮影すると良いでしょう。

購入者が決まった場合、ワインセラーを購入者の元へ郵送する手続きをおこないます。

送料の扱いはフリマアプリによって異なりますので、出品するフリマアプリでの扱いを確認しておきましょう。

但し、他の家電製品と比較すると、ワインセラーの購入を希望する人は割合が少ないため、すぐに買い手が付かない可能性も高いです。

そのため、できるだけ早く確実に処分したい人にはあまり向いていません。

時間が掛かっても良いので、不要となったワインセラーを少しでも高く売却したい人はフリマアプリに出品してみてはいかがでしょうか。

処分方法⑤リサイクルショップに買取してもらう

5つ目の処分方法は「リサイクルショップに買取してもらう」です。

リサイクルショップでは、商品の状態が良ければ、様々な商品の買取をしてくれます。

年式がとても古かったり、状態が悪かったりする場合は買い取ってもらうことは難しくなりますが、一度、リサイクルショップに買取できるかを確認してみるのも1つの手段です。

但し、リサイクルショップが近所にあり、ワインセラーを自分で持ち込める場合は無料で確認してもらえますが、出張買取サービスを利用した場合は、仮に買取ができないケースでも出張費用が取られますのでご注意ください。

リサイクルショップは店舗によっても力を入れている商品が異なりますので、1つの店舗で買取不可となっても、他の店舗では買い取ってもらえる場合もあります。そのため、リサイクルショップで買い取りしてもらいたい方は、1つの店舗で買取不可と言われても、他のリサイクルショップにも確認してみることをおすすめします。

処分方法⑥ジモティーで近所の方に譲る

6つ目の処分方法は「ジモティーで近所の方に譲る」です。

ジモティーとは、無料で利用できるインターネット上の広告掲示板サービスです。

住んでいる地域の情報を選択して、情報を掲載することで、近所に住んでいる買取希望者が購入してくれます。

無料で希望者に譲ることもできますし、希望金額を指定して買い取ってもらうことも可能です。

できるだけ身近な希望者に譲りたいというような方は、ジモティーで募集するのがおすすめです。

ワインセラーを引き渡す際も、直接引き取りに来れる人限定で募集することも可能なため、引き渡し方法に悩む心配もいりません。

但し、注意点としてフリマアプリ等と違って、ジモティーでは決済システムが提供されていません。

そのため、売却する際は個人間でのやり取りが必要となります。

個人間でのやり取りとなるため、当日にドタキャンされて引き取りに来なかったり、売却したのにお金が振り込まれなかったりするトラブルもゼロではありません。

トラブルを避けるためには、安易に譲る方を決めずに、慎重に確認しながら対応すると良いでしょう。

ワインセラーを無料で引き取ってもらうことは出来る?

ワインセラーを無料で引き取ってもらうことは出来る?

ワインセラーを無料で引き取ってもらうことは出来るのでしょうか。

結論としては、可能です。無料で引き取ってもらうこともできますし、買取サービスで買い取ってもらえる可能性もあります。

リサイクルショップ、ジモティー等を利用すれば、無料で引き取ってもらえる可能性が高いです。

さらに、不用品回収業者、フリマアプリ等であれば、買い取ってもらえる可能性が高くなります。

不要となったワインセラーを無料で引き取ってもらったり、買い取ってもらいたい方はこれらの処分方法を参考にしてみてください。

但し、あくまで処分したいワインセラーの状態が良いということが条件となります。

古かったり、状態が悪い場合は無料で処分することも難しくなってしまいます。

【地域別!】ワインセラーを自分で処分する方法をご紹介

【地域別!】ワインセラーを自分で処分する方法をご紹介

ワインセラーを自分で処分する場合、お住いの自治体によって処分方法が異なります

ここでは、「神奈川県横浜市」と「東京都港区」を例として、それぞれの地域でワインセラーを自分で処分する方法を紹介していきます。

特に横浜市や港区にお住いの方は参考にしてみてください。

別の地域にお住いの方も、自分の地域の自治体とほぼ同じ処分方法の可能性もありますので、ぜひ処分方法を確認してみてください。

横浜市でワインセラーを処分する方法

横浜市では、家電リサイクル法の対象となる品目は回収してもらえません

ワインセラーは冷蔵庫と同じ扱いのため、家電リサイクル法の対象となります。

横浜市ではリサイクル対象品目は以下のように処分するように自治体より発表されています。

横浜市でワインセラーを自分で処分したい方はこちらの情報を参考にしてください。

ケース 申込・持込先 必要な経費
過去に購入した
小売店が分かる場合
小売店へ申込 リサイクル料金、収集運搬料金
新しい製品を購入する場合 小売店へ申込 リサイクル料金、収集運搬料金
購入した店舗が不明な場合 横浜家電リサイクル推進協議会
または家電リサイクル協力店へ申込
リサイクル料金、収集運搬料金
ご自身で機器を運搬できる場合 市内・近郊の指定引取場所へ直接搬入 リサイクル料金のみ

港区でワインセラーを処分する方法

港区でも横浜市と同じく、家電リサイクル法の対象となる品目は回収してもらえません。それぞれの場合によって、適切な処分方法を選んで対応する必要があります。

①ワインセラーを買い替える場合
家電量販店の引き取りサービスを利用して回収してもらいます。

②処分だけの場合
ワインセラーを購入したお店に連絡して、回収を依頼します。

③購入したお店がわからない場合
家電リサイクル受付センター(0570-087200)へ回収を依頼します。電話での受付時間は、月曜日から土曜日(祝祭日含む)午前8時から午後5時までとなっています。インターネット(https://kaden23rc.jp)で申し込むことも可能です。

④指定引取場所へ直接持ち込む場合
ワインセラーを自分で運んで、処分場へ持ち込むことができる場合は、指定の処分場へ持ち込むことも可能です。事前に、お近くのゆうちょ銀行・郵便局で「家電リサイクル券」を購入してから処分するようにしてください。

ワインセラーは2種類ある

ワインセラーは2種類ある

ワインセラーは2種類あることを知っていますでしょうか。

失敗しないワインセラー選びには、2種類の違いを知っておくことが重要ですし、ワインセラーを処分したい際にも影響します。

知らなかったという方は、この機会に2種類の違いを知っておくと良いでしょう。

2種類の違いは、ワインセラーの冷却方法の違いです。

「ペルチェ式」と「コンプレッサー式」の2種類のワインセラーがあります。では、それぞれのワインセラーの特徴を紹介します。

ペルチェ式のワインセラー

ペルチェ式のワインセラーは、温度制御が自由に行える半導体素子で冷却するタイプです。

電気代が高く、運用コストが高くなる傾向にあります。

冷却温度の性能が少し低いため、ワインの温度が安定しない場合もあります。

価格は安価なものが多く、8,000円~55,000円程度です。

ペルチェ式のワインセラーは、どちらかと言うと、初心者向けのワインセラーと言えるでしょう。

コンプレッサー式のワインセラー

コンプレッサー式のワインセラーは、モーターで冷却するタイプです。

省エネモデルが多くて電気代があまり高くないため、低コストでの運用が可能となります。

冷却パワーがとても強く、ワインの温度も安定しやすいという特徴があります。

但し、価格は高い商品が多く、50,000円~900,000円程度の商品がほとんどです。

コンプレッサー式のワインセラーは、中級者~プロ向けのワインセラーとなります。

コンプレッサー式は高価で人気もあるため、ワインセラーを処分したい場合に買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

ワインセラーを買い取ってもらえる買取業者3選

ワインセラーを買い取ってもらえる買取業者3選

ワインセラーの処分をする際には買取業者を利用するのも一つの手です。

製造・購入から年数がそれほど経っていないものや状態の良いものであれば、思わぬ値がつく場合もあるでしょう。

ワインセラーをお得に処分したい人におすすめな買取業者を解説していきます。

買取業者①ファーストハンズ

ファーストハンズ

ワインセラーを買い取ってもらえるおすすめの買取業者一つ目は「ファーストハンズ」です。

幅広い品目の家電や家具の買取を行っており、日本全国どこでも出張買取に対応してくれます。

事前査定を実施し納得のいく価格での買取を行えるように徹底しているため、成約率99%でお客様満足度もNo,1という高評価を得ています。

買取品目の欄にワインセラーの買取も行っていることが明記されているので、安心して買取を依頼できます。

梱包などの必要もないため手軽に処分できますよ。

電話 0120-973-563
ホームページ https://worline.co/
買取品目 住宅設備品、家電など

買取業者②高く売れるドットコム

高く売れるドットコム

ワインセラーを買い取ってもらえるおすすめの買取業者二つ目は「高く売れるドットコム」です。

全国対応かつ業界最大級の買取サービスであり、多数の買取実績があります。

電話やネット上で申し込み、事前査定を行った上で商品を引き渡すだけの簡単ステップで売却できる点が魅力です。

引き渡しは出張を依頼するか店頭に持ち込む、宅配で配送するといった3つの方法から都合に合わせて選べます。

利用者からはスピーディに査定から買取まで進んだという声が多くあがっており、早めに処分を済ませたいという人にもぴったりのサービスです。

電話
0120-945-991(年末年始除く 9:15~21:00 )
ホームページ https://www.takakuureru.com/
買取品目 家電、スポーツ用品など

買取業者③パワーセラー

パワーセラー

ワインセラーを買い取ってもらえるおすすめの買取業者三つ目は「パワーセラー」です。

不用品回収と同時に買取も強化しているサービスであり、他にも処分したい不用品がある場合などはまとめて対応してくれるので便利です。

買取が成立すれば回収費用から引いてもらえてお得に不用品を処分できます。

LINEで写真を送るだけで済むカンタン見積もりも実施しており回収依頼は電話一本で済むので、見積もりから回収まで手軽なのがメリットです。

電話 0120-85-2060
ホームページ https://www.2060.jp/
買取品目 家電、家具など

ワインセラーを高く買い取ってもらうためのポイント

ワインセラーを高く買い取ってもらうためのポイント

ワインセラーは趣味色の強い家具でこだわりの強い人には需要があり、ものによっては高価買取に期待できます。

ワインセラーをなるべく高く買い取ってもらうためには、以下3つのコツを意識しましょう。

ワインセラーを高く買い取ってもらうためのポイント
  • なるべく早い段階で売る
  • きれいな状態にして売る
  • 付属品などを揃えておく

ワインセラーに限った話ではありませんが、製造から年数が経つほど高値がつきづらくなります。

特に新型のモデルが登場している場合、旧モデルは需要が下がってしまうのです。

さらに、掃除をしておくなど自分でできる範囲できれいにしておき、付属品などを揃えておくことも大切になってきます。

なるべく早く、きれいに付属品までそろえて売りに出すのがポイントですよ。

ワインセラーを手軽に処分するならエコ助っ人

ワインセラーを手軽に処分するならエコ助っ人

エコ助っ人

ワインセラーを手軽に処分したい場合は、不用品回収業者である「エコ助っ人」に依頼するのがおすすめです。

電話一本で依頼でき、最短即日という早さで回収が可能、手軽かつスピーディに処分が済みます。

高価買取も行っているので、お得に回収してもらえますよ。

料金は運搬や搬出作業費、人件費などがすべてセットになった分かりやすいパック料金での対応となっています。

オプション以外で追加料金がかかる心配もありませんし、他に処分したい不用品がある場合にもまとめて回収してもらえるので便利です。

電話 0120-136-034
ホームページ https://furniture-disposal.osaka/
買取品目 家電、家具など

ワインセラーの処分は不用品回収業者がおすすめの理由

ワインセラーの処分は不用品回収業者がおすすめの理由

ワインセラーを処分する方法は様々にありますが、最も手軽でおすすめの方法は、不用品回収業者に依頼することです。

おすすめの理由
  • 最短即日での回収に対応
  • 重いワインセラーを運ぶ必要がない
  • 他の不用品もまとめて回収してくれる

不用品回収業者であれば電話やメールにて簡単に依頼でき、最短即日での回収が可能です。

自治体の処分場に持ち込む場合、受付日が決まっている場合もありますし、その他の方法でも申し込みに手間がかかることもあります。

不用品回収業者であれば家まで出向いてくれてスタッフが不用品を運び出してくれるので、重いワインセラーを運ぶ必要がないのもメリットの一つです。

依頼後は運搬や分別の必要もなく待つだけで済みます。

さらに、他に不用品がある場合にはまとめて回収してくれるので大変便利です。

幅広い品目の回収に対応しており、一括で回収を行ってくれます。

引っ越しや一気に片付けをしたい際などにもぴったりです。

スピーディかつ手軽に処分が済むので、不用品回収業者にまずは見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか。

ワインセラーの処分に関するよくある質問

ワインセラーの処分に関するよくある質問

AさんAさん

自治体のホームページにて規定を確認しましたが、ワインセラーは回収してもらえないようでした。どうやって処分すれば良いでしょうか?
最も手軽でおすすめな方法は不用品回収業者に依頼する方法です。電話一本で依頼でき、最短即日で回収にきてくれます。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

AさんAさん

大型のワインセラーなので運び出すのが大変です。持ち込み処分やリサイクルショップへの持ち込みが難しいのですが。
出張買取を行っているサービスや不用品回収業者を依頼すると良いでしょう。特に不用品回収業者ならば、他の部屋に移動させたり分類したりする必要もなく手軽です。スタッフが運び出しを行ってくれるサービスを選んでみてくださいね。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

AさんAさん

高値で購入したワインセラーであるためできれば買取してもらいたいです。お得に処分するにはどうしたら良いでしょうか?
リサイクルショップに持ち込む方法やフリマアプリ等で売る方法、買取サービスを利用することを検討しましょう。できるだけきれいな状態にし、付属品を揃えたうえで売りに出すことが高価買取のポイントです。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

AさんAさん

もし不用品回収業者に見積もりを依頼した場合、必ず回収まで依頼しないといけないのでしょうか?回収費用も踏まえて検討したいのですが。
必ずしも回収まで依頼しなければならないわけではありません。費用を確認し比較したうえで検討してみてください。回収費用に関しては相談もできますし、気軽に依頼してみてくださいね。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

ワインセラーの処分方法6選まとめ

ワインセラーの処分方法6選まとめ

ワインセラーのおすすめの処分方法6選を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ワインセラーは家電リサイクル法の対象製品のため、粗大ゴミとして処分ができないため、処分方法に悩む方は多いと思います。

ワインセラーの処分を検討している方は、ぜひ紹介した処分方法を参考にしてみてください。

それぞれの処分方法でメリット、デメリットが違いますので、ご自身に適した処分方法を選んで処分するようにしましょう。

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!