ヘッダーCTA

ヤマダ電機は冷蔵庫を無料で引き取ってくれる?持ち込みする方法も徹底解説!

ヤマダ電機は冷蔵庫を無料で引き取ってくれる?持ち込みする方法も徹底解説!
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
冷蔵庫はヤマダ電機で引き取ってもらえるの?
お客様
ヤマダ電機で新品の冷蔵庫を買ったらタダで古いものを引き取ってくれるの?

ヤマダ電機は、全国に複数の店舗を展開する家電量販店です。冷蔵庫や洗濯機などの大型家電から、ドライヤーやパソコンなどの小型家電まで幅広い商品が取り扱いされています。

自宅の近所にヤマダ電機がある方も多いと思いますが、冷蔵庫を処分したいと思ったとき、ヤマダ電機で処分することはできるのでしょうか。

この記事では、ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する方法や、注意点・疑問点をご紹介します。

ヤマダ電機で冷蔵庫は処分・回収してもらえる?

ヤマダ電機で冷蔵庫は処分・回収してもらえる?

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分・回収してもらうことはできるのでしょうか。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目でもあります。

買い替えの際や引っ越しの際にヤマダ電機で処分ができれば嬉しいですよね。ヤマダ電機が提供しているサービスと費用をご紹介します。

ヤマダ電機で冷蔵庫の処分は可能!

ヤマダ電機では、家電リサイクル回収サービスを提供しています。「テレビ・冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコン」が対象商品となっているため、冷蔵庫も回収対象となります。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目となるため、回収の際はリサイクル料金が別途かかります。また、訪問回収を希望する場合は別途出張料金がかかる場合があります。

不用品回収スタッフ
ここからは実際にヤマダ電機で冷蔵庫を処分する場合の費用について解説します。

ヤマダ電機での冷蔵庫処分費用

容量 A・Bグループ 指定法人1 指定法人2 ヤマダデンキ製品 ドメティック
~170L以下 5,940円 6,930円 7,400円 6,215円 7,799円
171L以上~ 6,930円 7,800円 7,205円 8,349円

回収の際に発生するリサイクル料金は、冷蔵庫の容量及び回収対象商品のメーカーによって異なります。まずはお使いの冷蔵庫の容量が170L以下か、170L以上かを確認しましょう。

次に、メーカーがどの分類に入るかを確認します。料金体系はA・Bグループ、指定法人1、指定法人2、ヤマダデンキ製品、ドメティックの5種に分類されます。

ヤマダウェブコムの家電リサイクル回収申し込みページからそれぞれのメーカーの分類を確認することができます。

不用品回収スタッフ
ヤマダ電機での冷蔵庫の引き取りに関して不明点がある場合は、お近くのヤマダ電機に直接連絡してみてくださいね。

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の手順

それでは、ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の手順を確認しましょう。最寄りの店舗にご自身で持ち込む方法と、新商品の購入時に配達と同時に回収してもらう方法の2種類があります。

訪問回収を利用する際、新しく購入した商品の配送先と回収訪問先の住所が異なる場合は別途料金がかかりますので注意が必要です。

STEP.1
店頭もしくはヤマダウェブコムで申し込み

引き取りのみを依頼する場合は店頭のレジで直接申し込みましょう。ヤマダウェブコムで新商品を購入した際には、購入時にオプション情報の選択画面から「リサイクル申込み」を選択することができます。店頭に回収品を持ち込んだ場合は、その場で支払いを済ませて完了です。

STEP.2
新商品の配送日および処分品の回収日を決定
新商品の配送および処分品の回収をする日を決定します。
STEP.3
冷蔵庫のリサイクルにかかる費用を現金で準備
リサイクル料金は、回収時に現金で支払いとなります。サイズやメーカーを確認し、冷蔵庫のリサイクルにかかる料金を準備しておきましょう。
STEP.4
新商品の受け取りと処分品の回収
回収日当日になったら配達員が自宅に回収に来ます。リサイクル回収料金と収集運搬料を支払いましょう。訪問回収のみを依頼した場合は、出張費用が別途かかります。

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の注意点

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の注意点

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の注意点
  • 新しく購入した商品が宅配商品、おみせde受取り、ヤマダ高速便での受取の場合はコールセンターで申し込む必要がある。
  • 冷蔵庫以外の家電を同時購入し、回収も依頼する場合はそれぞれについて申し込む必要がある。
  • 新商品の配達日・配達先と、処分品の回収日・回収先が異なる場合別途料金が発生する。

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際、いくつかの注意点があります。購入した商品の配達と引き換えに回収を行うのが基本プロセスですので、回収を希望する場合は必ず購入時に申し込みましょう。

また、回収日・回収先も配達日・配達先と一致していなければ別途料金がかかってしまいますので注意しましょう。回収日当日までに、必ず冷蔵庫の中を空にして氷なども残ってない状態にしておくことが大切です。

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の疑問に回答

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の疑問に回答

ヤマダ電機で冷蔵庫の処分方法がわかったところで、いくつかの疑問が湧いてきます。まだ冷蔵庫が新しい場合、買取はしてもらえるのか、引き取ってもらえない冷蔵庫はあるのか、訪問回収は可能なのか。

実際に回収を依頼する際は気になるポイントですよね。よくある質問にお答えしていきます。

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する際の疑問
  • 【Q1】ヤマダ電機では冷蔵庫の買取もしてもらえる?
  • 【Q2】ヤマダ電機で引き取ってもらえない冷蔵庫は?
  • 【Q3】ヤマダ電機で冷蔵庫の訪問回収してもらえる?

【Q1】ヤマダ電機では冷蔵庫の買取もしてもらえる?

ヤマダ電機では大型家電の買い取りキャンペーンを行っています。まずはヤマダ電機の買取事前査定サービスで、お持ちの冷蔵庫を査定してみましょう。

納得のいく査定結果が出たら、最寄りのヤマダ電機の店舗に買取希望商品を持ち込みます。メールで届いた査定結果を提示することで買取を依頼することが可能です。

持ち込みが難しい場合、訪問料金を支払うことで訪問買取をしてもらうこともできます。

【Q2】ヤマダ電機で引き取ってもらえない冷蔵庫は?

引き取ってもらえない冷蔵庫
  • 業務用の冷蔵庫など家電リサイクル法の対象にならない品目
  • 配達員のみで搬出ができない場合
  • 極端に状態が悪く想定できない危険がある場合

ヤマダ電機で引き取ってもらうことができない冷蔵庫はあるのでしょうか?多くの場合は家電リサイクル回収サービスの対象となりますが、業務用の冷蔵庫や厨房機器などの大型冷蔵庫は家電リサイクル法の対象にならないため回収ができません。

また、回収は配達員が行うため搬出に重機などが必要な場合や極端に状態が悪く取扱いに危険を伴う場合は引き取ってもらえない場合があります。あらかじめ状態を相談のうえ申し込むことをお勧めします。

【Q3】ヤマダ電機で冷蔵庫の訪問回収してもらえる?

ヤマダ電機では、冷蔵庫を訪問回収してもらうことも可能です。ただしその場合は、リサイクル料金以外に訪問のための出張費用がかかりますので、ご自身で店頭に持ち込むことができるのであればその方が回収費用の節約になります。

訪問回収を希望の場合は、リサイクル料金の支払いが現地での現金支払いになりますのであらかじめ料金を調べたうえで用意しておきましょう。

ヤマダ電機以外で冷蔵庫の回収を行なっている家電量販店

ヤマダ電機以外で冷蔵庫の回収を行なっている家電量販店

冷蔵庫の回収を行なっている家電量販店
  • ビックカメラ
  • ヨドバシ
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • ノジマ

ヤマダ電機以外にも、家電リサイクル回収サービスを提供している家電量販店はいくつかあります。ビックカメラやヨドバシは一部の店舗のみ回収サービスを行っています。

回収料金は家電量販店によって様々です。170Lの冷蔵庫の回収料金で比較するとヨドバシは3,672円、ケーズデンキは4,752円となっておりヨドバシが比較的リーズナブルであることがわかります。

ヤマダ電機以外で冷蔵庫を処分する方法

ヤマダ電機以外で冷蔵庫を処分する方法

ヤマダ電機以外で冷蔵庫を処分する方法もあります。それぞれの方法にメリットデメリットがありますので、回収にかかる費用や手間を比較してご自身に合った処分方法を選びましょう。

ヤマダ電機以外で冷蔵庫を処分する方法を5つご紹介します。

ヤマダ電機以外で冷蔵庫を処分する方法
  • 製造メーカーに回収してもらう
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 買い替えの際に回収・処分を量販店に依頼する
  • メルカリやヤフオクに出品する
  • 不用品回収業者に依頼する

製造メーカーに回収してもらう

一つ目は、冷蔵庫の製造メーカーに回収してもらう方法です。パナソニックや東芝など、大手家電メーカーであればリサイクル対象商品の引き取りサービスを提供しています。

品番ごとに細かく回収料金が決められていますのでホームページなどで確認してみましょう。新商品の購入はせず、リサイクル回収のみを希望する場合でもカスタマーサポートから相談することができます。

自社製品は取扱いに慣れているためスムーズに回収が進むというメリットがあります。

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込むという方法もあります。冷蔵庫の状態が良い場合や、人気の型番の場合などは高価買取も期待できますので、まずは査定を依頼してみましょう。

冷蔵庫だけでなく、その他の小型家電や家具もまとめて処分したい場合にもおすすめの選択肢です。ただし、リサイクルショップによってサービスの質や査定金額は大きく変わりますのでしっかり吟味する必要があります。

少しでも回収費用を抑えたい方は検討してみましょう。

不用品回収スタッフ
リサイクルショップへ持ち込む形で冷蔵庫の処分する場合、自分で冷蔵庫を持ち込む必要があります。お車などがない場合は、訪問型の買取業者に依頼しましょう。

買い替えの際に回収・処分を量販店に依頼する

新しい冷蔵庫を購入する際に、回収・処分を依頼する方法は一番手間のかからない手段です。冷蔵庫を処分する際、ほとんどの場合は新しい冷蔵庫の購入を検討しますよね。

ヤマダ電機をはじめ多くの量販店では、新商品購入時に回収のオプションを選ぶことができます。購入が完了してから回収のみを申し込むと別のメニューになってしまいますので、冷蔵庫を購入する予定がある場合は、あらかじめ回収のプランも計画しておきましょう。

不用品回収スタッフ
ヤマダ電機以外でも冷蔵庫の引き取りをおこなっている量販店は多数あります。条件等を確認してどこに引き取ってもらうか選びましょう。

メルカリやヤフオクに出品する

メルカリやヤフオクなどのインターネットサービスに出品するのも一つの手です。量販店やメーカーの買取では査定価格はほぼ決まっていますが、購入者が一般消費者の場合はニーズやタイミングが合致すればそれ以上の価格がつく場合があります。

特に冷蔵庫の状態が良い場合や、人気の型番である場合はすぐに売れる可能性も高いのでトライしてみてください。大型の冷蔵庫で運搬が大変な場合は、ジモティなどもおすすめです。

ただし、他の方法に比べて出品の手間や購入者とのやり取りの手間がかかります。

不用品回収業者に依頼する

最後に、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者は、冷蔵庫一点の回収から、トラックの大きさや不用品の量でパッケージになったプランまで様々なメニューを用意しています。

冷蔵庫以外にも処分したいものがある場合はパッケージプランがおすすめです。多くの業者は無料で出張見積りができますので、事前にいくつかの業者に見積もりを依頼して比較してみましょう。

最近は、事後に高額請求をしてくる悪徳業者も増えています。インターネットでレビューを確認するなどして、吟味しましょう。

不用品回収スタッフ
不用品回収センターでは、冷蔵庫の買い取りも行なっています。ぜひお問合せください!

冷蔵庫の処分にお困りの場合は「不用品回収センター」にお任せください

冷蔵庫の処分にお困りの場合は「不用品回収センター」にお任せください

不用品回収スタッフ
ここからは不用品センターについて詳しくご紹介します!

不用品回収センター

特徴 冷蔵庫の回収も24時間可能!買取にも対応しています。
料金 4,800円~
回収可能な不用品 冷蔵庫・ミニ冷蔵庫・冷凍庫・ワインセラー・家具家電全般
買取制度 買取あり
電話番号 0120-949-966
公式HP https://furniture-disposal.osaka/

不用品回収センターでは、24時間265日冷蔵庫の回収を行っています!状態が良いものですと、買取も可能です。

2階以上にお住まいの方でも、マンション高層階の方でもスタッフが全て搬出から積み込みまでさせていただきます。

冷蔵庫の処分でお困りの方は、まずは見積もり無料の不用品回収センターまでお問合せください。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】ヤマダ電機での冷蔵庫の捨て方

【まとめ】ヤマダ電機での冷蔵庫の捨て方

いかがでしたか?ヤマダ電機の家電リサイクル回収サービスを利用すると、スムーズに冷蔵庫を処分することができます。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

また、ヤマダ電機以外でも大型家電の回収は様々な会社が家電リサイクル法に基づいてサービスを提供しています。引越しの際、冷蔵庫の処分は最後に残ってしまいがちですが、お得に安心して処分できる方法を計画的に検討しておきましょう。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る