ヘッダーCTA

座卓の処分方法8選|処分方法それぞれのメリットやデメリットも解説

座卓の処分方法8選|処分方法それぞれのメリットやデメリットも解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
遺品整理でちゃぶ台をはじめ、たくさんの不用品を処分したいけどどんな方法で処分できるのかな?
お客様
うちの座卓は大きくて、自分で処分することは難しそうだけど、簡単に処分できないかしら?

座卓とは床に座って使う低いテーブルのことを指します。最近では和室を作らない家が増え、座卓やちゃぶ台を使用する家庭も少なくなってきました。

昔使っていた座卓を処分したいと思っても、大きくて重いのでどう処分していいのか迷う方も多いと思います。本記事では、座卓を処分する方法や処分にかかる費用などについて解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • 座卓の色々な処分方法
  • 座卓の処分に必要な費用の相場
  • 座卓処分にまつわる素朴な疑問と回答

座卓の処分方法8選

座卓の処分方法8選

本項目では、座卓の処分方法を8つ紹介していきます。これから座卓を処分したいと思っている方には、ぜひ参考にしてみてください。

【座卓の処分方法①】自治体で粗大ゴミとして処分する

自治体で粗大ゴミとして処分するメリット
  • 安価で処分できる
  • 自宅の近くの集積所(または自宅前)で収集してくれる
自治体で粗大ゴミとして処分するデメリット
  • 手続きが面倒
  • 自分で集積所まで運ぶ必要がある
  • 自治体の指定するタイミングで出す必要がある

自治体で粗大ゴミとして座卓を処分する場合は、自治体の規定によりますが200~2,000円程度で処分できます。自治体での処分は安くできるのがメリットですが、自分で集積所まで運び出す必要があり自治体の指定する日にしか出せないなどの条件もあります。

自治体によっては粗大ゴミを出す際に予約が必要で、後ほど決められた場所で処理手数料のステッカーを購入するなどの手続きが面倒だと思う方も多いようです。

【座卓の処分方法②】自治体のごみ処理施設に持ち込む

自治体のごみ処理施設に持ち込むメリット
  • 安く粗大ゴミを処分できる
自治体のごみ処理施設に持ち込むデメリット
  • 自分の車で処理施設まで運ばないといけない
  • 決められた日時に持っていく必要がある

自治体での粗大ゴミ収集方法には、自宅前や自宅周辺の集積所に出すか、ごみ処理施設に直接粗大ゴミを持ち込むかの大きく二通りあります。自治体のごみ処理施設に持ち込む場合も、料金は200円~2,000円程度で安く処分できますが、座卓は大きいものだと2m近くなることもあり、自家用車に載せられない事態も考えられます。

座卓などの大きな荷物を運べるサイズの車が用意できて、車への積み込みも自分たちで可能であれば、直接自治体のごみ処理施設に持ち込む方法もよいかもしれません。

【座卓の処分方法③】リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込むメリット
  • 状態の良い座卓であれば買い取ってもらえることもある
リサイクルショップに持ち込むデメリット
  • 座卓はあまり買取ってもらえない
  • 買取不可の場合処分料を払う必要もあり
  • 出張見積もりの予約が取りにくい

状態の良い座卓であれば、リサイクルショップに持ち込むと、場合によっては買い取ってもらえることもあります。ただ、座卓は探している人も少ないため、査定の上買取不可になる可能性もあります。

リサイクルショップへ持ち込んだ座卓が買取不可になった場合は、そのままショップで引き取って処分してくれるところもあります。しかし、処分料は有料なので、処分料がいくらかかるかによっては別の処分方法を選んだ方が、お得になることもあるでしょう。

【座卓の処分方法④】ジモティやメルカリで貰い手・買い手を探す

ジモティやメルカリで貰い手・買い手を探すメリット
  • リサイクルショップで売却するより高く売れる場合がある
  • 近くの人で買い手が見つかれば送料が不要
ジモティやメルカリで貰い手・買い手を探すデメリット
  • 必ず売れるとは限らない
  • 遠方の落札者だと梱包や発送に手間や費用がかかる

ジモティやメルカリで座卓を出品して売れた場合、リサイクルショップで売却するよりも高く売れる可能性があります。座卓を急いで売却する必要がなければ、最初は少し高めの価格を設定しておいて徐々に下げていくとよいでしょう。

また、近くに住んでいて座卓を欲しがっている人が見つかれば梱包や発送などの手間もかからず、楽に処分できます。座卓を宅配サービスで発送するとなると大きさや重さのために送料だけで数千円になりますので、直接引き取りに来てもらえると助かります。

ジモティやメルカリは座卓のような不用品を処分するのに非常に便利なサービスですが、出品しても買い手が見つからないこともあるでしょう。買い手が見つからない場合は価格を下げたり写真の撮り方を工夫したりなどのひと手間が必要になります。

不用品回収スタッフ
座卓を早く処分したいときには、ジモティやメルカリよりも不用品回収業者など、他の処分方法を検討したほうがよいですね。

【座卓の処分方法⑤】自分で解体して燃えるゴミに出す

自分で解体して燃えるゴミに出すことのメリット
  • 処分費用がほとんどかからない
自分で解体して燃えるゴミに出すことのデメリット
  • 座卓を解体して燃えるゴミに出せない自治体もある
  • 解体するのに専門の工具などが必要
  • 手間と労力がかかりケガの危険性もある

座卓を自分で解体して燃えるゴミに出せれば処分費用が掛からないので、とにかく安く処分したいと言う人にはおすすめです。しかしながら、自治体によっては座卓などの粗大ゴミを解体しても燃えるゴミとして出せないところもあります。

座卓を解体して燃えるゴミに出そうと考えているならば、まずはお住まいの自治体の粗大ゴミの規定を確認してからにしましょう。また、座卓の天板には厚みのある一枚板が使用されていることも多く、チェーンソーなどの電動工具でないと切断できない可能性もあります。

電動工具は慣れた人でないとケガをすることもあるため、DIYに慣れていない人が座卓を自分で解体するときは、安全に注意して行なってください。

【座卓の処分方法⑥】知人に譲る

知人に譲ることのメリット
  • 写真を撮ったり梱包したりする手間がかからない
  • 譲った人に喜んでもらえる
知人に譲ることのデメリット
  • 綺麗にメンテナンスしてから渡さないといけない
  • 家に取りに来てもらえない場合は自分で運ぶ必要がある

身近に座卓を欲しがっている人がいれば、譲ってあげるとスムーズに処分ができてよいでしょう。フリマアプリに出品するときのように写真を撮ってサイトに載せたり梱包して発送したりする手間も省けます。

ただ、どうせあげるならば気持ちよく使ってもらいたいので、汚れなどは綺麗に拭き取ってから渡す少しの気遣いも大切です。

【座卓の処分方法⑦】新しい座卓やテーブルを買う際に引き取ってもらう

新しい座卓やテーブルを買う際に引き取ってもらうことのメリット
  • 自分で運び出す手間がかからない
  • お店によっては無料で引き取ってもらえることもある
新しい座卓やテーブルを買う際に引き取ってもらうことのデメリット
  • 引き取り料がかかる

今ある座卓を新しいものに買い替える場合は、購入した店で古い座卓を引き取ってくれるサービスを行なっている場合もあります。新しい座卓を購入する際には、引き取りサービスの有無を確認してみましょう。

お店によっては古い座卓の引き取りに料金がかかることもあります。例えばニトリでは古い家具を4,400円(税込)で引き取ってくれます。

費用はかかりますが便利なサービスなので、お住まいの場所が引き取りサービスのエリア内でしたら利用してもいいかもしれません。

【座卓の処分方法⑧】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するメリット
  • 搬出や積み込みなどすべてお任せできる
  • いつでも自分の処分したいタイミングで依頼できる
  • 家の中の不用品もついでに処分できる
不用品回収業者に依頼するデメリット
  • 1点だけだと割高になる場合もある

座卓のような大きくてかさばるものを処分したいときは、不用品回収業者に依頼することもおすすめの方法です。一人では動かせないような大きい座卓でも、すべてスタッフにおまかせでスムーズに処分してもらえます。

また、不用品回収業者は24時間365日対応可能なので、空きがあれば当日のうちに来てもらうこともできます。他の処分方法だと、出品して売れるまで待たないといけなかったり指定された日に出さないといけなかったりしますが、不用品回収業者に依頼すればスムーズに処分できます

座卓を処分しようとしてネットで検索すると、お住まいの地域の不用品回収業者が何件かは出てきます。

不用品回収スタッフ
不用品回収業者を利用するときは、必ず事前に見積もりを依頼することと、実績と信頼のある業者を選ぶようにしましょう。

座卓の処分費用の相場

座卓の処分費用の相場

座卓を処分する際の費用の相場について調べてみました。

座卓の処分費用相場
  • 粗大ゴミで処分する:200円〜2,000円
  • リサイクルショップで売却する:0円~数千円(買取不可で処分費用が掛かる場合あり)
  • 不用品回収業者を利用する:2,000円~(基本料金が別途かかる場合あり)

座卓を処分する際に掛かる費用は、処分方法によっても様々です。お金をあまりかけずに座卓を処分したいときは、自分で重い座卓を運ぶことや、危険な作業をしないといけないこともあります。

どの方法でもメリットとデメリットがありますので、よく検討したうえで座卓の処分方法を選択するようにしてください。

座卓を自分で解体する方法

座卓を自分で解体する方法

まずは座卓を解体するために必要な道具を揃えましょう。

座卓の解体に必要な道具
  • ブルーシートまたは古い毛布
  • 軍手
  • ハンマー・ノミ・バール・のこぎりなどの工具類
  • チェーンソー・丸ノコなどの電動工具

道具を揃えたら、床への傷つき防止と掃除が楽になるように、作業場所にブルーシートか古い毛布を敷きます。ケガをしないように軍手も必ず着用してください

座卓の脚部分と枠部分を、バールやハンマーなどを使いながら取り外していきます。外せる部分は全部外して、天板とそれ以外の場所に分けてください。

最後にのこぎりや丸ノコを使用して、天板をゴミ袋に入るサイズの大きさにカットします。

注意点

電動工具を使う際は、使用方法をよく読んで確認してください。座卓などの大型家具を分解するのは大変な作業になりますので、自分で解体することに自信がないときはプロに任せた方が安心です

座卓の処分を不用品回収業者に依頼した方がいい理由

座卓の処分を不用品回収業者に依頼した方がいい理由

座卓の処分をするときは、不用品回収業者に依頼するとスムーズに処分出来ておすすめです。本項目では、座卓の処分を不用品回収業者に依頼したほうがいい理由について解説していきます。

ある程度使用した座卓はほとんど値段がつかない

座卓をリサイクルショップやフリマアプリで売却しようと思っても、ある程度使用した座卓はほとんど値段がつかないことが多いです。持ち込んだ座卓が値段が付かず買取不可となった場合、お店によっては引き取って処分してくれるところもあります。

引き取りになると処分料をこちらが支払う必要も出てきますので、他の処分方法と金額を比べて納得できる金額であれば引き取ってもらいましょう。

自治体で処分すると希望日に捨てられない場合が多い

不用になった座卓を自治体で粗大ゴミとして処分する場合、予約時に指定された日時に集積所へ出すかごみ処理施設に持ち込むことになります。指定される日時はほぼ平日の日中なので、仕事で平日に休めないなどの理由で粗大ゴミとして処分するのが難しい人もいることでしょう。

また、早く処分したいのに粗大ゴミの収集日が何週間もあとだと、それまで自宅で不用品を保管しないといけなくなり困ります。自分の希望するタイミングで座卓を処分したいときは不用品回収業者に依頼すると、対応可能であれば当日に来てもらうこともできます。

電話一本で座卓を処分することが可能

使わなくなった座卓を処分したいときに、不用品回収業者でしたら電話一本かけるだけで自宅まで見積もりに来てくれるので、重い座卓を運び出す必要もありません。訪問時間も自分の都合に合わせてもらえますので、忙しい方や昼間家にいないという方も見積もりの手続きが可能です。

確実に座卓を処分するなら不用品回収業者へ

確実に座卓を処分するなら不用品回収業者へ

いらなくなった座卓を処分するときには、不用品回収業者の利用がおすすめです。本項目では、どのような人に不用品回収業者が向いているか、おすすめの不用品回収業者や利用時の流れについて説明していきます。

座卓の処分で不用品回収業者の利用が向いている人

座卓の処分で不用品回収業者の利用が向いているのはこんな人
  • 仕事で忙しい人・平日昼間は家にいない人
  • 重い座卓を運ぶのが難しい女性や高齢者の方
  • とにかく手間をかけずに楽して座卓を処分したい人

座卓の処分をしたいけれど、仕事で忙しく平日の昼間は時間がないという人は、不用品回収業者の利用が向いています。不用品回収業者を利用すれば、土日や夕方以降でも空きがあれば見積もり訪問が可能です。

また、重い座卓を運ぶのが難しい女性や高齢者の方も、不用品回収業者を利用するとすべてスタッフが力仕事を行なってくれるので、体力に自信がなくても安心して座卓の処分を依頼できます。倉庫の奥に眠っているような座卓でも、わざわざ出しておく必要はありません。

不用品回収業者に座卓の保管場所を伝えれば、スタッフが運び出しから積み込みまで行なってくれるので、作業の間はゆっくりと自分の時間を過ごせます。

座卓の処分は「不用品回収センター」へ

不用品回収センター

不用になった座卓を処分したいときにおすすめなのが「不用品回収センター」です。不用品回収センターは、お客様満足度98.3%を誇る信頼と実績の不用品回収業者です。

不用品回収センターでは年間5万件以上の回収実績がありますので、座卓のように大きくて重い不用品でも安心してお任せいただけます。不用品回収センターには女性スタッフも多数在籍し、女性の一人暮らしやご高齢のお客様から気軽に頼みやすいとご好評いただいております。

不用品回収センターは見積もり無料で24時間365日対応可能です。メールやLINEでの見積もりもできますので、座卓の処分でお困りの方はお客様のご都合のいい方法でお問い合わせください。

「不用品回収センター」を利用する手順

STEP.1
お問い合わせ
24時間365日受付のフリーダイヤル・メール・LINEで見積もりのご予約を承ります。
STEP.2
お見積もり
ご自宅にお伺いして不用品の量や種類、搬出経路、駐車場などを確認させていただきます。
STEP.3
作業開始
スタッフが見積もりの内容に従って迅速に作業を進めます。
STEP.4
お支払い
作業終了後のお支払いになります。

不用品回収センターの利用をご検討中ならば、まずはお電話にてお気軽にお尋ねください。不用品の写真をLINEで送っていただくと、概算見積もりもできます。

お見積りの時点でお断りいただいたとしても、お客様の負担はございませんので安心してご依頼ください。

座卓を処分する際の注意点

座卓を処分する際の注意点

座卓を処分する際に、注意してほしい点を紹介していきます。

座卓の実際のサイズを測っておく

どのような方法で座卓を処分するとしても、事前に座卓のサイズを測っておくと手続きや見積もりなどがスムーズに進みます。粗大ゴミに出す予定だった座卓がサイズオーバーで出せないということも考えられますので、サイズの確認は早めに行なっておきましょう。

座卓の素材を確認する

座卓の素材を確認しておくことも、座卓を処分する上で重要なポイントです。座卓を解体して燃えるゴミに出そうとしているときは、座卓の素材がすべて木材かどうか確認しておく必要があります。

ほとんどの自治体では、金属が混じっている部分は不燃ゴミとして処分しないといけません。分別が面倒くさい、分別の仕方が分からないといったときも、不用品回収センターでしたらすべて引き取ってもらえますので、自分で分別する手間が省けて便利です。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】大型で重たい座卓は注意して処分しましょう

大型で重たい座卓は注意して処分しましょう

本記事では、座卓の処分方法や費用・自分で解体するときの注意点などについて紹介しました。木材でできている座卓は解体して燃えるゴミに出した方が安く済むのではと思いがちですが、自分で座卓を解体することは危険を伴う作業だとも分かりました。

自分で座卓を解体処分するために、高価な電動工具が必要だったり後片付けが大変だったりを考えると、不用品回収業者にすべておまかせにしてしまうのが一番良い方法かもしれません。家庭内に不用品がほかにもあった場合は一緒に処分してもらうと、1点ずつの費用は割安になります。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

いらなくなった座卓の処分をお考えの方は、ぜひ本記事を参考に不用品回収業者の利用を検討してみてください。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る