ヘッダーCTA

シーリングライトの処分方法9選!外し方や寿命から捨てる際の処分費用まで解説!

シーリングライトの処分方法9選!外し方や寿命から捨てる際の処分費用まで解説!
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
古くなったシーリングライト、どうやって捨てればいいの?

シーリングライトの処分は、適切な方法を選ぶことで、環境にも財布にも優しい解決が可能です。自治体のルールをチェックし、リサイクルショップや不用品回収業者と連携することで、安心かつ効率的に処分できます。

さらに、販売店や家電量販店の回収サービスも利用できる場合があります。新しい照明器具を設置する前に、いくつかの処分方法を検討し、最適な選択をしましょう。

この記事を読んでわかること
  • シーリングライトとは天井に取り付けるタイプの照明器具
  • シーリングカバーの寿命は約10年
  • シーリングカバーは比較的簡単に取り外すことができる
  • シーリングカバーは素材によって処分方法が異なる

そもそもシーリングライトはどんな照明?

そもそもシーリングライトはどんな照明?

シーリングライトは、天井に直接取り付けるタイプの照明器具で、室内空間を明るく照らします。多様なデザインと機能を持ち、たとえば、エネルギー効率の高いLEDタイプや、明るさを調節できる調光機能付きタイプなどがあります。

古典的なデザインからモダンなデザインまで幅広く、室内の雰囲気に合わせて選べるのが特徴です。また、取り外し可能なシェードや交換可能な電球を利用できるモデルもあり、使い勝手とカスタマイズ性に優れています。

それぞれのタイプは、特定の室内環境や使用者の好みに応じて選ばれることが多いです。

シーリングライトの寿命と処分する目安

シーリングライトの寿命の目安は平均10年ほどと言われています。電球は使用頻度や電球の種類により異なり、LEDタイプは長寿命が期待できます。寿命が近づくと、光の輝度が低下する可能性があります。

処分時は自治体のルールに従い、専門業者への依頼や家電量販店での回収サービスも選択肢となります。処分方法は地域やシーリングライトのサイズにより異なるため、正しい情報を確認し、適切な処分を心がけましょう。

シーリングライトの処分方法9選

シーリングライトの処分方法9選

シーリングライトの処分は、自治体のルールや家電量販店のサービスに従って行うのが基本です。粗大ごみとして収集される場合や、専門の業者に依頼する方法もあります。

しかし、処分方法は地域やライトのサイズにより異なるため、適切な方法を選んで行うことが重要です。

シーリングライトの処分方法
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • 自治体の不燃ゴミとして処分する
  • 買い替える場合は店舗で引き取ってもらう
  • 引越し業者に引き取ってもらう
  • 家電量販店で処分してもらう
  • リサイクルショップへ持ち込む
  • フリマサイトやオークションなどで売却する
  • 知人や親戚などほしい人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体の粗大ゴミとして処分する

シーリングライトの処分は、各自治体の規定に従い、粗大ゴミとして処分する方法があります。一般的に一辺が基準サイズ(例:30cm)以上で粗大ゴミとして回収可能で、処分費用は300〜1,000円程度です。

自治体により料金設定が異なるため、事前に料金を確認し、必要に応じて粗大ゴミ処理券を購入することが重要です。また、シーリングライト本体とLED電球(蛍光灯)を分別し、指定のゴミ袋を用いることで、比較的安価に処分できますが、処理券購入や分別作業が手間となります​。

粗大ゴミの戸別収集を利用する場合

東京都墨田区の場合、粗大ゴミの戸別収集を利用する際は、墨田区の粗大ゴミ受付センターで申し込みを行います。申し込みは電話やインターネットで可能です。

収集日に指定の場所にゴミを出し、粗大ゴミ処理券を貼付けることで、自治体が収集し適切に処理します。これにより、環境に配慮したゴミ処分が実現されます。

STEP.1
事前準備
墨田区の粗大ゴミ受付センターに電話やインターネットを利用して事前に申し込みを行うことが必要です。申し込みを行う際には、収集を希望する日や収集するアイテムの詳細を提供する必要があります。
STEP.2
有料粗大ゴミ処理券の購入
申し込み後、担当者から収集日や手数料などが案内されるので、指定された料金を支払って粗大ゴミ処理券を購入します。
STEP.3
粗大ゴミの排出
収集日当日には、朝8時までに自宅前など所定の場所に粗大ゴミを出してください。出す際には、粗大ゴミ処理券を貼り付けることが求められます。
STEP.4
収集と処理
指定された日に墨田区の収集スタッフが粗大ゴミを収集し、適切に処理されます。粗大ゴミはリサイクルまたは適切な方法で処分されることで、環境に配慮された処理が行われます。

指定施設にシーリングライトを直接持ち込む場合

また、墨田区を例にしますが、指定施設にシーリングライトを直接持ち込む場合、持込指定日に、有料粗大ごみ処理券を貼った状態で「粗大ごみ持込施設」へ持っていきます。1世帯につき、1回に10個まで、そして年度内に3回まで持ち込むことができます

STEP.1
事前準備
シーリングライトの処分を行う前に、墨田区の粗大ごみ処分のルールを確認し、必要に応じて事前の申し込みや手続きを行います。墨田区では、粗大ごみの処分の際には通常、1-2週間前に申し込みが必要で、特に連休前や週明けは粗大ごみ受付センターへの電話が混雑するため、事前の準備とスケジューリングが重要です。
STEP.2
粗大ごみ処分の申込
墨田区の公式ウェブサイトや、指定された連絡先にて粗大ごみの回収申し込みを行います。申し込みは、電話、インターネットで行えます。申し込みの際には、シーリングライトのサイズや数量、回収日などの情報を提供する必要があります。
STEP.3
有料粗大ごみ処理券の購入
墨田区では、粗大ごみの処分には有料の処理券が必要です。処理券は指定された販売店やオンラインで購入できます。処理券は、シーリングライトのサイズや材質、重量に応じて価格が異なる場合があります。
STEP.4
シーリングライトの持ち込み
指定された日に、シーリングライトを指定された施設に持ち込みます。持ち込みの際には、事前にシーリングライトを適切に梱包し、処理券を貼付しておく必要があります。また、シーリングライトの持ち込みには、指定された時間内に行うことが求められる場合があります。

自治体の不燃ゴミとして処分する

自治体の不燃ゴミとして処分するルールは地域によって異なります。たとえば、滋賀県守山市、宮崎県都城市、山口県柳井市、静岡県御殿場市、岐阜県関市などでは、各自治体のルールに従い不燃ゴミの処分が実施されています。

各自治体の公式ウェブサイトや、市役所、区役所への問い合わせを通じて、不燃ゴミの処分方法や日程を確認することが可能です。また、自治体によっては不燃ゴミの収集日や処分場所が定められており、それに従って不燃ゴミを処分することが求められます。

買い替える場合は店舗で引き取ってもらう

買い替え時、いくつかの店舗では古い家電製品を引き取ります。ビックカメラやカインズは無料で引き取りサービスを提供。

ノジマはリサイクル料金を支払うことで古い商品の処分サービスを利用できます。ヤマダデンキでは、最寄の店舗で古い商品を持ち込み、リサイクル回収を依頼できますが、リサイクル料金と収集運搬料が必要です​。

引越し業者に引き取ってもらう

引越し業者に引き取ってもらう方法は、引越しと同時に不用品処分を依頼でき、手間を省けます。しかし、全ての業者が不用品回収に対応しているわけではないため、事前に確認が必要です。

対応している業者でも全エリア・全ケースでの対応は限られることがあり、不用品の量や種類によっては別途料金が発生する可能性もあります。

家電量販店で処分してもらう

家電量販店でのシーリングライトの処分は、新しい照明器具を購入する際のサービスとして提供されることがあります。古いシーリングライトの引き取りは無料の場合や有料の場合があり、店舗によって異なります。

また、取り外しや設置のサービスを提供している店舗もあり、これにより利用者は処分の手間を減らすことができます。しかし、すべての家電量販店でこのサービスが提供されているわけではないため、事前に各店舗にサービスの有無や条件を確認することが重要です​。

家電量販店別のシーリングライト処分費用

シーリングライトの処分にかかる費用は、家電量販店ごとに異なります。各店舗の費用を比較し、お得に処分する方法を見つけてみましょう。

以下の表も埋めてください。

ケーズデンキ 1,100円
ヤマダ電機 1,100円
エディオン 550円
ヨドバシカメラ 1,100円
Joshin 550円

リサイクルショップへ持ち込む

リサイクルショップへの持ち込みは、不用品の処分方法として人気です。シーリングライトを処分する際には、先にリサイクルショップに電話で問い合わせ、対応品目であることを確認しましょう。

その際、サイズや状態を伝え、買取が可能かも尋ねます。梱包は丁寧にし、店舗に持ち込んでください。

シーリングライトのリサイクルにより、環境にも財布にも優しい選択となります。さらに、地域のリサイクルルールや自治体の指定を確認することも重要です。

フリマサイトやオークションなどで売却する

フリマサイトやオークションで商品を売却する際には、商品の状態を正確に説明し、可能であればクリアな写真を多く掲載することが重要です。また、適切なキーワードを使って商品を見つけやすくし、商品の価値を理解できる価格を設定することが求められます。

フリマアプリやオークションサイトでは自身で価格を設定できるため、リサイクルショップよりも高く売ることが可能です。出品にかかる費用は発生しますが、売れた場合には手数料が引かれる形となります​。

知人や親戚などほしい人に譲る

不用品のシーリングライトを譲る際には、知人や親戚などほしい人に声をかけることが一つの方法です。この方法であれば、物の流通を増やしリサイクルにも寄与できます。

不用品の状態や機能を正確に説明し、譲渡することで新しい価値を見出すことができます。また、譲渡の際には、シーリングライトの取り外しや梱包、配送方法についても事前に相談し、スムーズな取引を心がけることが大切です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する際には、シーリングライトの種類やサイズを明確に伝え、料金や回収のタイミングを確認します。事前に依頼先業者を検討し、適切なサービスを利用することで、手間や費用を削減できます。

不用品回収業者は、処分が難しいアイテムでも適切に処理してくれるため、安心して利用できます。また、回収業者は環境への配慮を持って処分作業を行っているため、エコフレンドリーな選択となります。

シーリングライトを処分する場合の費用相場

シーリングライトを処分する場合の費用相場

シーリングライトの処分は、適切な方法を選んで行うことが重要です。粗大ごみとしての処分や専門の処分業者への依頼、自治体のルールに従った処分など、いくつかの選択肢があります。

これらの方法によって費用は異なるため、シーリングライトのサイズや素材、そして地域のルールを考慮し、適切な処分方法を選ぶことが求められます。費用を抑えつつ、環境にも配慮した処分方法を選ぶことで、責任ある消費者としての役割を果たすことができます。

自治体の粗大ゴミとして処分する場合 250〜400円
買い替え時に販売店で引き取ってもらう場合 550〜1,100円
家電量販店で処分する場合 無料〜2,000円
不用品回収業者に依頼する場合 1,000円〜3,000円以上

シーリングライトを外す手順

シーリングライトを外す手順

シーリングライトを取り外す際は、まず電源を切り、安全を確保します。次に、シーリングカバーを外し、電球や連結部を取り外します。

ネジやクリップを使って固定されている場合は、これらを外して本体を取り外し、必要に応じて専門業者に依頼するか、適切な処分方法を選びます。

シーリングライトを外す手順
  • 電源を切る
  • シェードやカバーを取り外す
  • 電球を取り外す

シーリングライトを処分する際の注意点

シーリングライトを処分する際の注意点

シーリングライトの処分にはいくつかの注意点があります。もし売却や譲渡を考えている場合は、綺麗に清掃しておくことが大切です。

また、シーリングライトから電球を取り外し、電球や蛍光灯は割れないように注意しながら処分することが重要です。特に、蛍光灯は割れると危険なため、慎重に取り扱う必要があります。

シーリングライトを処分する際の注意点
  • 売却や譲る場合は綺麗しておく
  • 電球はとりはずして処分する
  • 電球や蛍光灯は割れないようにして処分する

売却や譲る場合は綺麗しておく

売却や譲る場合は綺麗にすることは、新しい所有者に好印象を与え、取引をスムーズに進行させる重要なステップです。シーリングライトの本体を丁寧に拭いたり、必要であれば専用のクリーニング剤を使って汚れやほこりを取り除きます。

また、照明器具のデザインや機能を際立たせることで、買い手にとって魅力的に見せることができます。清潔で整った状態で提供することで、売却や譲渡が成功しやすくなり、良い評価やフィードバックを得ることも期待できます。

電球はとりはずして処分する

電球は取り外して処分するのが基本です。シーリングライトを処分する際、まずは電球を取り外し、適切な方法で処分します。自治体の指定に従い、電球はガラスごみとして出す場合やリサイクル施設に持ち込むことが求められるでしょう。

また、電球や蛍光灯は割れやすいため、割れないように梱包し、指定された場所に出すことが重要です。これにより、環境への影響を減らし、安全に処分することができます。

電球や蛍光灯は割れないようにして処分する

電球や蛍光灯は割れないようにして処分するのが基本的なルールです。これらの照明器具はガラスや水銀を含んでおり、破損すると周囲に危険が及びます。

適切な処分方法は自治体や地域ごとに異なりますが、多くの場合、電球や蛍光灯を専用の箱や袋に入れて、指定の場所に持ち込むことが求められます。また、照明器具のサイズや種類によっては、分別して処分する必要があります。

安全かつ適切な処分のためにも、地域のルールを確認し、必要に応じて専門の回収業者に依頼することも選択肢として考えられます。

シーリングライトを簡単に処分するなら不用品回収センターへ!

シーリングライトを簡単に処分するなら不用品回収センターへ!

ご自宅の古いシーリングライトを処分する際には、不用品回収センターを利用すると、手間なく安心して処分が可能です。不用品回収センターは適切な方法で処分を行ってくれるため、おすすめの方法と言えます。

不用品回収センターの魅力とは?

不用品回収センター

シーリングライトの適切な処分は、多くの方が悩む問題です。不用品回収センターでは、このようなシーリングライトの処分も行っています。特に、蛍光灯やLEDを使用した照明器具は、水銀を含むため、適切な処理が必要です。

不用品回収センターでは、これらの照明器具を正しく処分し、環境への影響を最小限に抑えます。また、自宅からの回収依頼も可能で、手間をかけずに安心して処分できます。

シーリングライトの処分を検討中の方は、一度、不用品回収センターにご相談ください。

特徴 不用品を手間なく処分できる
料金 4,800円~
回収可能な不用品 家具、家電、衣類、本、CD、自転車など
買取制度
電話番号 0120-949-966
公式HP https://furniture-disposal.osaka/
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】自分に合った方法でシーリングライトを適切に処分しよう

【まとめ】自分に合った方法でシーリングライトを適切に処分しよう

シーリングライトの処分は、自治体のルールやリサイクルショップ、不用品回収センターを利用する方法があります。また、買取やオンラインオークションでの売却も選択肢となりえます。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

適切な方法を選んで、環境にも財布にも優しい処分を心掛けましょう。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る